福岡市博多区「大月内科循環器内科」|狭心症、心筋梗塞、不整脈、心不全、糖尿病、内科一般など

  • #
  • #
  • #
  • #
  • #
  • #
  • #
  • #
  • #
  • #

携帯・スマートフォンの方はこちら↓

院長あいさつ

大月務

院長 : 大月 務

私は幕末に適塾で学んだ初代大月 務(大月 朔庵)から医師として5代目になります。

日本で初めてのハートセンターを開設した久留米大学第三内科(現心臓・血管内科)にて昭和57より 循環器疾患の診療、研究に従事した後、平成6年九州医療センター循環器科の立ち上げに参画 し、平成9年からは福岡市医師会成人病センターで循環器部長として6年間循環器疾患の診療に あたりました。

主に急性心筋梗塞、心不全や不整脈などの診療に携わり、緊急冠動脈インターベンション(風 船療法やステント留置術)、ペースメーカ植込み術などを行っていました。

これらの手術により急性心筋梗塞は劇的に改善し、 その他の疾患でも生活の質が向上し、大き なやりがいを感じていました。 一方、手術が成功した後にその人の大事な長い人生があるにもかかわらず、高次病院では外来治療にあまり時間を割くことができません。さらに心臓という一臓器を診るのではなく、一人の「人」として全体に診ることができれば、なお意義があると考えるようになりました。

そこで、その後市中病院で循環器疾患のみならず一次救急にも携わり、肺炎や気管支喘息等の呼 吸器疾患や脳卒中、また消化器疾患など内科疾患全般の診療にも従事し、糸島医師会病院副院長 を経て本年平成23年11月1日診療所開設に至りました。

今後は循環器専門医として、また祖先と同様にホームドクターとして高次医療機関との連携を大切に診療に携 わりたいと考えています。

略 歴

昭和 57 久留米大学医学部卒業
久留米大学第三内科(現心臓血管内科)
平成 国立病院九州医療センター循環器内科
福岡市医師会成人病センター 循環器部長
15 篠栗病院 循環器部長
21 糸島医師会病院 副院長

資 格

医学博士
日本循環器学会専門医
日本内科学会認定医

所 属 学 会

日本内科学会
日本循環器学会